Mar. 30, 2020. updated あなたは 36350人目の訪問者です。

安村通晃の山歩きのページ by. M. Yasumura


ニュース・登山情報

  • 2020年3月27日。飛龍山から三条の湯に向かう道で、特にカンバ谷付近、および三条の湯から 御岳沢付近のトラバースする地点で数ヶ所が土砂が絶えず流れていて、非常に危険。
  • 2020年2月7日。不老山から生土への下り道、生土分岐を過ぎたあたりで、昨年の台風19号の 影響で大規模な崩壊がある。
  • 2018年1月23日。草津白根山が噴火。噴火警戒レベル3(入山規制)。
  • 2017年12月1日。大楠山は、衣笠ルートが横須賀清掃工場の工事のため、平成26年から平成32まで使えず、阿部倉コースに迂回させられる。
  • 2016年7月26日。2015年4月より、大涌谷の規制が緩和されたものの、依然として大涌谷から神山までの登山/ハイキングコースは立入禁止。
  • 2014年10月24日。霧島連山えびの高原・硫黄山に火山周辺警報。硫黄山から半径1キロ以内、立入禁止。えびの高原からの登山3ルートも閉鎖。
  • 2014年9月27日。木曽御岳噴火。噴火警戒レベル3(入山規制)。
  • 2014年8月6日。朝日岳登頂で、日本百名山完全登頂。
  • 2013年8月10日現在。朝日岳@山形のバス道は通行止め。
  • 2012年7月17日現在。白山は雪渓が多く残っている。要注意。
  • 2011年から、幌尻岳はシャトルバスでの往復のみ。
  • 2010年8月現在。塩見岳の三伏峠〜塩見小屋間は倒木が多いので要注意。 また、塩見小屋は、袋式トイレで、袋を小屋で要購入。
  • 2010年8月現在。利尻岳は、携帯トイレを購入して登山。また、山頂近くは かなりガレているので、落石等に要注意。
  • 2009年7月20日頃。飯豊連峰には多くの雪渓が残っているので要注意。
  • 2008年5月29日井川駅付近での土砂崩れのため、南アルプス登山線(静岡駅〜 畑薙第一ダム)は、7月19日〜8月31日の間運休。タクシー、マイカーは通れます。
  • 2008年8月中旬現在、南アルプス光小屋の手前付近の水場は枯れている。
  • 2007年9月17日現在、岩手山の不動平から鬼が城へのルートは案内標識が あまりなく、分かりづらい。不動平避難小屋は清潔。
  • 2005年10月9日、枝折峠は駐車場工事中で12、3台ほどしか駐車できない。 また、魚沼駒ヶ岳は雨の翌日登山すると、ぬかるみがひどい。
  • 2004年9月1日、浅間山が小噴火。現在、火口から4km以内が 登山規制
  • 南アルプス林道広河原線が1年半ぶりに、2004年7月17日より全面開通。 ただし、夜叉神峠ー広河原間はマイカー規制。 詳細。(2004年7月31日)。
  • 北海道大雪山の 旭岳ロープウェーが2004年7月11日から1ヶ月の予定で運休していたが、 8月11日に運転再開。
  • 岩手山の登山規制が全面解除(2004年7月1日)。
  • 阿蘇山は、2004年1月14日15時41分に噴火。中岳からは1km以内は 立ち入り禁止。仙酔峡の麓から直接高岳には直接登れる。 仙酔峡ロープウェーも運転停止。(2004年1月30日現在)。 その後、ロープウェー側の中岳登山道も登山可能。 阿蘇山 臨時火山情報 登山規制
  • 鹿島槍 冷池山荘は増築中。トイレは7月20日から使用可(2003年7月)。
  • フリークライミング(練習場)に2度目の挑戦。まだまだ初心者。 (ボルダリングはGまで。トップロープは5.9まで)。3度目でHまで。
  • 冬の西吾妻山は、天候さえ良ければ、目印もはっきりしていて歩きやすい。 山頂からの展望も良い。登り2時間弱、下り(スキーで)30分ほど。 登山届けを出すこと。
  • フリークライミングの練習場: J-WALLに 行ってみました。大学から車で15分位のところにあります。 ボルダリング(初日はGまで)とトップロープ(初日は5.7迄)を やってみました。なかなか面白い。腕が疲れてしまいました。
  • 信濃大町から高瀬ダム行きタクシーは4人乗り。七倉からは東電の管理のため、 ゲートが6時半からしか開かない。したがって、大町発は6時頃。予約して おくと良い。
  • 水晶小屋は定員30名のため、混雑が予想される時期はなるべく別の小屋に した方が良い。
  • 恵那山の登山口である神坂峠へは、園原(昼神温泉)側の道路が通行止め。 (2002年7月20日現在)。
  • 安宅夏夫、「日本百名山」の背景 - 深田久弥・二つの愛 、集英社新書。 --日本百名山の著者、深田久弥の愛と文学を語る。(2002年4月発売)。
  • 高妻山はまだ残雪が多く、アイゼンとストック(/ピッケル)要持参。 (2002年5月25日現在)
  • 浅間山は2001年7月23日より 登山規制緩和。(前掛山まで登山可能)。
  • 雌阿寒岳は2000年6月20日より 登山規制解除
  • 岩手山の東側4ルートが2001年7月1日より入山規制解除: 岩手山登山情報
  • 磐梯山は2000年9月28日より 登山規制解除

  • ワンポイント山情報

  • 表妙義山縦走コース(白雲山コース)は文字通り上級コースで、長い鎖場、危険な箇所が多数あり、上級者と一緒でなければ行くべきではない。
  • 南アルプス聖平小屋は水洗トイレ。聖平小屋、茶臼小屋とも水は豊富。
  • 光小屋は50歳以上で午後3時までに到着した登山客にしか夕食は出さない。
  • 八ヶ岳硫黄岳山荘は水洗トイレ完備。赤岳鉱泉小屋も。
  • 剣沢小屋は、宿泊者用に温水シャワー(無料!)と乾燥室があり、非常に快適。 なお、剣沢小屋は以前は、かの有名な佐伯文蔵氏が経営。現在は、その長男の 佐伯友邦氏が経営。
  • 小谷温泉から雨飾山登山口までは、12月1日から4月30日まで閉鎖。5月の連休 向けに登山口まで除雪。雨飾山は、今年(2003年)は、例年になく残雪が多い。 アイゼンとピッケルは必需品。特に笹平手前の雪庇は危険。
  • 雲取山荘のトイレは、水洗&トイレットペーパーつき。
  • 三峰神社の神の湯 はタオル付き入浴料500円の温泉。
  • 大弛峠に至る川上牧丘林道は、土日以外は通行止め。 土日も工事の関係で一時的に待たされることがしばしばある。 現在(1998年9月)
  • 金峰山山頂の五丈岩は登りたくなるが、下りの方が 危険なので止めた方が良い
  • 両神山へ至る志賀坂峠からの道は、トンネルの手前で通行止め (1998年11月現在)。上落合橋へは中津川から入るのが良い。
  • 皇海山へ至る栗原川林道の皇海橋の手前約5kmで崖崩れにより通行止め。現在 (1999年6月)工事中。
  • 那須ロープウェー山頂駅から、牛が首辺の道標ははっきりしているが、 茶臼岳への登山道は目印がはっきりしないので要注意。また、峯の茶屋からの 山麓駅までは歩いた方が早いので、往復のロープウェーの切符は買わない方が 良い。
  • 武尊山へは、武尊牧場の手前を右折して5kmほど登ったところに、東俣駐車場 が最近できており、ここから登ると楽に登れる。標高差が少ない。登山路は ぬかるみが多い。
  • 至仏山は5月11日から6月30日まで入山禁止。(こういうことは、現地で知らせる 前に、尾瀬の交通規制のWEBページに書いたり、片品村の担当者にもきちんと 連絡しておいて欲しい。)
  • 巻機山の山頂の表示が、(山頂の植生保護のためか)分岐のところに移動。 また、2000年6月17日現在、ヌクビ沢が雪崩の危険のため立入禁止。
  • 至仏山から山の鼻への下りも登りも大変。至仏山に登るのが目的ならば、 鳩待峠から直接、小至仏経由を往復するのが正解。 交通規制期間中の尾瀬戸倉〜鳩待峠間はマイクロバス等が頻繁に往復。
  • 雌阿寒岳の入山規制は、2000年6月20日をもって解除。
  • 浅間山は、火口から2kmと緩和されていた登山規制が再び5kmまで規制 (2000年9月23日現在)。
  • 磐梯山は、2000年9月23日、入山規制が解除された。
  • 石鎚山。ロープウェーは朝8時から。スカイラインは朝7時から通行可。
  • 岩手山。2001年7月1日午前0時から入山規制解除の予定。
  • 大室山登山路のうち、犬越路方面の沢の木橋が3つ流出のため、 増水時の徒渉は困難になる。(2001年6月2日現在)。
  • 月山の山頂には月山神社があり、参拝を受けるため参拝料500円が取られ、 また、中は神社のため撮影禁止。神社より北に一等三角点があり、こちら が本来の頂上のようにも見える。(神社は石を積んでより高くした感じもある)
  • 椹島から悪沢岳→赤石岳の縦走には千枚小屋から赤石避難小屋が便利。 レトルトのカレーもしくは牛丼が食べられる。ただし水が無いので、 500mlのミネラル水(500円)などを購入する必要がある。千枚、荒川、 赤石の小屋のトイレはいずれも水洗でトイレットペーパー付。 赤石避難小屋のトイレはヘリで交換。
  • 雁腹摺山の登山口である大峠への林道が途中で通行止め (2001年10月現在)のため、急遽予定を変更したもの。なお、笹子峠へ 至る林道も路肩損壊のため途中で通行止め。
  • 笹子峠(1096m)にある 笹子隧道は、「 千と千尋の神隠し」のイントロに出てくるトンネルに そっくり。モデルではないかと思われる。
  • 高谷池ヒュッテは妙高高原町の町営で値段も設備も良心的。 素泊まりの人用の自炊設備(水道、ガス、食器)も完備。
  • 冬の大菩薩嶺へは、登りが大菩薩峠経由で、下りが丸川峠経由が楽。 アイゼン必要。ロッジ長兵衛、福ちゃん荘、丸川荘、いずれも営業。 大菩薩峠と賽の河原に休憩用の小屋がある。(2002年2月10日現在)。
  • 残雪期の高妻山は、倒木、残雪が多く歩きづらい。沢を何度か渡った後の 雪渓は右端の途中まで登り横にトラバースし、左側の谷の右横にある鎖を 使用する。一杯清水から左側の沢に間違って入る人が多いので要注意。 頂上手前の最後の雪渓はやぶに沿って上方へ移動する。歩行距離も長いし、 疲れる。下りでは、最後の雪渓のところの下の沢は渡ったところが 登山道だというのが分かりにくい。沢沿いに下降しないように要注意。
  • 恵那山の登山口である神坂峠へは、長野県側の園原(昼神温泉)側からは、 災害復旧工事のため現在通行止め(2002/7/20)。神坂峠手前8kmから。
    恵那山の山頂避難小屋は改築済。夏期期間中は水洗トイレ有り。 恵那山の登山道は長い割に途中の休憩ポイントと看板が少ない。神坂峠と 鳥越峠の間のピークに「見晴らしの峰」とか命名し、大判山と分岐の 中間に「天狗の庭」と名付ける休憩所を設けると良いと思う。
  • 水晶小屋の前にある金属プレートになった水晶岳への表示は不正確。 岩苔乗越方面に行ってから右(北)へ曲がるように読めるが事実は、 むしろ水晶小屋の手前を右(北)へ進む。
  • 新穂高温泉のバス停前の村営温泉はロケーションといい値段(無料!)といい、 実に素晴らしい。

  • リンク先

  • KEIO SFC やまの会。新年会'99 全員集合 4年生 3年生 2年生 1年生 有志 本郷君を囲む会電子スナップ1電子スナップ2
  • 日本百名山 (地域別)。 日本百名山 (標高順)。
  • スポーツ店: かもしかスポーツ(横浜店、高田馬場駅前): 親切・感じが良い。
    好日山荘 (藤沢、町田アドホック、横浜西口、新宿西口)。
    さかいやスポーツ(水道橋南白山通り):店員の説明が親切。
    石井スポーツ
  • 山と渓谷: 同天気予報
  • Mountain Web.
  • 山岳登山情報リンク集(山岳会・高稜会)
  • フリークライミングの練習場 J-Wall(藤沢市長後)
  • 慶応大学BPK(バックパッキングクラブ)OB 五竜岳事故報告書
  • Mountain Web 南北アルプス、八ヶ岳登山コースなど。
  • 山関連リンク集 一般のページも参照。
  • 日本百名山(地形図付き)同写真集
  • Virtual 百名山
  • 百名山リンク集
  • 花の百名山
  • 山梨百名山 山梨百名山
  • 百名山標高差データ
  • 気象庁発表火山情報(群馬大早川研)
  • 登山駐車場情報
  • 登山史年表
  • カシミール3D
  • 信州山歩き地図
  • 温泉・露天風呂情報(安村)。
  • 地形図閲覧システム(国土地理院)。 閲覧上の注意点
  • 中高年の登山とその生理学 (by 納見明徳)
  • 世界七大陸最高峰八つの峰。 アジア:エベレスト(8848m)中国名:チョモランマ。 南米: アコンカグア(6960m)。 北米: マッキリー(6192m)。 ヨーロッパ: エルブース(5642m)。 アフリカ: キリマンジェロ(5895m)。 南極: ビンソンマシフ(4897m)。 オセアニア: カルステンツピラミッド(4880m)。 オーストラリア: コジウスコ(2230m)。

  • 山で役立つハイテク製品

  • 高度計(気圧計)+方位磁石+温度計付時計(ProTrek): 特に方位と高度は役に立つ。
  • 心拍計つき時計: 文字通りペースメーカーとして使える。
  • 携帯電話: 予想外の場所でも電波が届くことがある。
  • 携帯GPS(ガーミン)
  • カシミール3D
  • おまけ: 山で役立つその他の製品
    ストック、新素材のウェア、軽量登山靴、LEDヘッドランプ。 アイゼン、ピッケル、スノーシュー(洋式ワカン)。

  • 山歩きの本

    色々ありますが、いままでの常識を打ち破り、かつ極めて合理的な次の本が お勧め。
  • 伊藤幸司、がんばらない山歩き、講談社、1998。
  • 山本正嘉、登山の運動生理学百科、東京新聞出版局、2000。
    山歩きのコツ
    1. 疲れない(乳酸を出さない)歩き方:ややきつい程度以下に押さえる。
      目標心拍数=(220 - 年齢)×3/4。例:54才で約125。
    2. 楽に下る=筋肉痛を起こさない(筋細胞を壊さないように)歩く。
      →ストックの利用。トレーニング。歩き方。
    3. エネルギー切れでも疲労は起り、筋肉も壊れる。
      1時間・体重1kg当り6kcal。20kgのザックをしょたとき9kcal。 70kgの体重の人が10kgのザックを背負い8時間歩くと、4200kcal。 このうち、1/2〜2/3が体脂肪で賄える。
      →炭水化物を早く消費しないためにゆっくり歩く。2時間毎に補給。
    4. 歩行運動のエネルギーの84%が熱に変わる。オーバーヒートしないために 水分補給が欠かせない。脱水量は1時間・体重1kg当り水分5g。
      水分補給量=(5×歩行時間 - 20)×体重。(体重の2%迄が許容量)。 例:体重70kgの人が8時間歩くと、1.4リットル必要。
    5. 高齢者(60才)の脚筋力は若者(20才)の約半分。 トレーニングはした方が良い。 平地のトレーニングよりも実際の登山が効果的。
    6. 女性の脚筋力は男性の約7割程度。

  • 山に関する音楽・小説・エッセイなど

  • 山の愛唱歌集(歌詞と曲)
  • 小泉武栄、山の自然学、岩波新書。
  • 新田次郎のページ(by M. Yasumura)
  • 三浦綾子: 泥流地帯、新潮社, 1982.-- 十勝岳噴火(1926)。
  • 井上 靖: 氷壁。-- 前穂高舞台のザイル切断事故。
  • 夢枕獏、神々の山嶺(いただき)(上下)、集英社、1997.
  • 谷 甲州: 白き嶺の男、集英社, 1995。
  • 映画: K2 The Ultimate High (日本語題名: K2 ハロルドとテイラー)

  • 戻り先

    安村のホームページに戻る。